02 札幌市物件

破産者マップを賃貸管理に活用する

最近、「破産者マップ」というサービスが開始され、少し話題になっています。過去に官報に記載された破産者情報をGoogle Map上にプロットしているサービスで、破産者の氏名・住所がさらしものになっています。本サービスへの賛否はありますが、このサービスを賃貸管理に活用することを考えたいです。自身の保有物件に破産者がいないのか調べてみる、という活用方法です。

破産者マップは数日前にリリースされました。
※03/20追記:「破産者マップ」は03/19に閉鎖されました。
 以降の記事はサービス利用できていた際にまとめたものになります。

官報には日々破産者の情報が公開されます。ただし、ネット上で閲覧可能なのは直近30日分です。国立図書館などに行けば恐らく過去分も見れると思います。本サービスは恐らく直近約2,3年分くらいの破産者情報を保有しているものと思います。

破産者の個人情報を晒すことに否定的な意見もあります。いくら公の情報とはいえ、犯罪者であるわけでもなく、「忘れられる権利」もあるだろうと。サイト運営者の主張は、要約すると「個人情報を晒しているわけではなく、官報記載の公な情報を見やすく公開しており、過去分の情報も国立図書館などで閲覧できる。削除希望者がいれば削除に応じる」というものです。


さて、このサイトをどう使おうか。

いたずらに破産者の個人情報を見て遊ぼうという気はないのですが、まずは、自宅近くにどれくらい破産者がいるかを見てみました。いやはや、近くにこんなにいるのか、と思うくらい身近にいらっしゃいます。「破産」というものが、かなり身近なものであると再認識しました。不動産投資をやっている身として、明日は我が身、と気を引き締めることができました。

ふと、他のことに思い至りました。

 保有物件の賃借人に破産者はいないのだろうか?
 もし、いるなら、その人は賃料未回収のリスクが高いのでは?

早速調べてみます。

住所検索ができないので、自分で地図を移動させて探さないといけないのが使い勝手が悪いところです(おそらく、使い勝手より性能を重視しているのでしょう)。調べた結果・・・なんと、

  札幌市物件に見事に1部屋破産者がいました。

現在も入居されている方です。

・・・まぢか。

でも、賃貸借契約上、破産者ってどういう扱いになるんだろう。
破産したから即出ていけ、なんて言えないだろうし。

少し調べてみたら、こんな質問と回答がありました。(リンク:全日本不動産協会の質問

要約すると、

 ・破産を理由に、賃貸人が賃貸借契約を解約できない
 ・賃貸人は適切に自己の権限を行使して、賃貸借の存続の有無、
  未払賃料の請求、原状回復費用の請求等を行うことが可能

ということ。

札幌市物件の賃借人は、今のところ賃料未払はないので問題ないですが、通常の賃借人よりは未払のリスクは上がっている状況です。現在、管理会社に問い合わせをして、「事実確認と、こういう時ってどうするの?」を聞いています。


物件を保有している賃貸人(私)は、日々官報をチェックするわけにはいきません。このような破産者情報が提供されることは、適切に賃貸リスクを把握するうえでは非常にありがたいものです。ですが、破産者からすると、破産を理由に借りている部屋から追い出される可能性が増えるわけで、うれしいものではありません。

今後、こういったサービスが、社会からどのような批判を受け、どのように維持されていくのか、非常に注目しています。

<関連記事>
 賃貸経営における破産者への対応
 賃貸経営者として社会貢献を考える



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 時事・ニュース

    全国定額住み放題サービスって…

    今日も何の気なしにニュースを見ていたら「全国定額住み放題サービス」が…

  2. 02 札幌市物件

    札幌市物件の購入体験記

    練馬区物件が新築で利回り低めであることを気にしながらも、物件完成まで…

  3. 02 札幌市物件

    札幌市物件の管理悪戦苦闘~その2

    札幌市物件は購入後の管理でいろいろと大変でした。前回に引き続き、管理…

  4. 02 札幌市物件

    札幌市物件の借換(打診中)

    年初に今年の目標としても掲げた札幌市物件の借換の件。本業のバタバタで…

  5. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました

    本日は回答待ちだった2件についてメールで返信ありました。1つは、「決…

  6. 時事・ニュース

    スルガ銀行融資再開へ

    スルガ銀行融資再開、と報道されましたね。本日が業務停止期間の解除日で…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産投資における自身の立ち位置
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. スルガ銀行との金利交渉録
  4. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  5. 不動産収支の3つの視点

アーカイブ

  1. 月間収支

    2019年5月の概算収支
  2. 不動産全般

    物件探索・管理にかける時間
  3. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました
  4. 不動産全般

    賃貸経営者として社会貢献を考える
  5. 02 札幌市物件

    札幌市物件の管理悪戦苦闘~その2
PAGE TOP