06 八王子市物件

八王子市物件の金消契約

本日は八王子市物件の金消契約&物件現地確認でした。
さらに、次の購入候補物件の確認もしてきました。

今日は休日(21日)と土曜日の間の平日ということで、本業の会社的には有給休暇取得推奨日でした。対面・現地確認の必要な予定を本日に詰め込んでおりました。

朝からは、火災保険の契約と金消契約です。
金融機関の担当者と仲介業者の方とで、最近の融資・不動産状況などについて雑談をしながら、粛々と必要書類の提出、押印を行っていました。融資の状況が一段と厳しくなっている一方で、それほど物件の価格が値下がりしていない、という点は、皆、共通認識でした。さて、どのあたりで下落してくるやら。

金融機関の担当者には、次の融資についても質問してみました。
今回の借入で支店決済で済ませる上限の融資額を超えてしまい、次から借入する際は本部決済になります。主に、どのような点を見るか、について質問しましたが、物件のエリア、立地などから、その賃貸経営のリスクを評価するということでした。要は学生メインのターゲット物件だと、大学が撤退したらどうするんだ、といったリスクを見るようです。

私は、法人としてのバランスシートをどこまで見られるのかが懸念でした。自己資金投入のために、かなりの額を個人(私)からの借入金でまかなっています。長期借入金の内訳として、銀行借入金と役員借入金があるのですが、この役員借入金が非常に大きいです。金融機関担当者に、「この役員借入金は単純な借金としてみなされるのか」を聞いてみたのですが、「それはむしろ資産とみなします」との回答でした。これは非常によかった。役員借入金を資産としてみてもらえれば、自己資本比率もよく見えます。


金消契約ののち、午後からは八王子市物件の内覧です。ようやく明日から入居可能な状況になるので、入居前に全部屋の完成度合のチェックです。

その内覧の前に、1件物件確認に向かいました。
ちょうど昨日、仲介担当者から「八王子市物件と同じ業者の新築物件で、ローンキャンセルが出たので、どうか?」と連絡があったので、さっそく現地確認です。新築ですが1月完成済みで満室予定です。現地確認ですぐに買いたい意思は固まったのですが、自己資金が多く必要になる物件です。仲介業者には購入の意志を示したうえで、金融機関との融資調整と売主との価格調整を依頼しました。仲介担当者は目ぼしい金融機関があるとのことです。私もお付き合いのない銀行ですので、今後の融資選択肢を増やす意味でも是非融資を受けたいです。ただ、八王子市物件を買ったばかりの法人に融資してくれるのやら。

午後からの現地確認は、すでに同様スペックの相模原市物件を保有していることから、さらっと部屋を一巡して見回る程度で終わりました。全部屋ロフト付きなのですが、梯子ではなく階段型になっています。これが他物件との差別要因になるはずです。外見の仕上がりも予想通りで問題ありませんでした。

さて、これであとは来週決済するだけです。
気持ちは次の物件。融資条件がどうなるやら・・・



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 八王子市物件の決済にむけての現状

    不動産全般

    八王子市物件の決済にむけての現状

    保有物件は4棟などと自称しておりますが、うち1棟は今年3月決済予定で…

  2. 06 八王子市物件

    八王子物件への融資

    あと1か月ほどで八王子物件(新築)の決済です。ありがたいことに、引き…

  3. 06 八王子市物件

    決済準備でちょっとトラブル

    八王子市物件は、決済に向けて着々と準備を進めています。先日、仲介会社…

  4. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました

    本日は回答待ちだった2件についてメールで返信ありました。1つは、「決…

  5. 06 八王子市物件

    キャンセル部屋が即入居決定

    ここ最近よく記事にしている八王子市物件。今月末、満室で引き渡し予定で…

  6. 不動産全般

    徒歩1分の違い

    八王子市物件は、売主が作成した物件概要書上は所在地が最寄り駅から徒歩…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  2. 不動産投資における自身の立ち位置
  3. 不動産収支の3つの視点
  4. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  5. スルガ銀行との金利交渉録

アーカイブ

  1. 不動産収支管理

    投資家タイプ別の儲け~その2
  2. 06 八王子市物件

    キャンセル部屋が即入居決定
  3. 八王子市物件の決済にむけての現状

    不動産全般

    八王子市物件の決済にむけての現状
  4. ものかき業(ブログ執筆等)

    ものかき屋の編集後記(2019年3月)
  5. とうし業(その他投資)

    余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
PAGE TOP