不動産全般

金消契約時のチェックが強化されてる・・・

先日の八王子市物件の金消契約の際、銀行から売買契約書と重要事項説明書の原本の提示を求められました。銀行も金消時のチェックを厳しくしてきているようです。それについて仲介業者の人と話をしていると、そういった融資状況のなかで、物件購入希望者からの変な問い合わせも多々あるとのことでした。

今回の金消契約を行うにあたり、契約日の1週間前に必要書類リストが提示されました。そこには、過去一度も金消契約時に提示を求められたことがなかった、「売買契約書(原本)」「重要事項説明書(原本)」という項目がありました。

金消契約時に銀行担当者から提示を求められたので、私がカバンの中をごそごそ探していると、仲介業者の人が気をきかせて「コピーならありますよ」と言ってくれました。しかし、銀行担当者は苦い顔しながらも「いや、原本が必要なんですよ。最近厳しくなって」といいながら、私から原本を受け取り、コピーに向かいました。

コピーを待っている間、仲介担当者とこの件について話しました。

私:「原本もちゃんとチェックするんですね。」
仲:「いやー、最近の話ですよ。今までこんなこと無かったですから。2か月前は不要でした。」
私:「原本チェックって2重契約防止のためですよね。買主が持っている契約書の原本をチェックして、事前申告内容と一致してるか見てるんですよね。」
仲:「おそらくそうですね。」
私:「でも、実際、意味あるんですかねー。売主と買主が結託して、金額の異なる契約書2つ作ってたらわからないですよねー。」
仲:「あ、そうですよね。」
私:「でも、まあ、仲介業者が勝手に改ざんしてないことはチェックできるから、それなりに意味はありますかね。」
仲:「そうですね、いまだに変な仲介業者はいますからね。物件購入希望者だって変なのいますし。」

そこからは、物件購入希望者の話になりました。
聞くところによると、いまさらに「1法人1物件のスキームでアレンジできないか」とかの問い合わせがあるとのこと。また、「この銀行と、この銀行には融資打診をしないでほしい(打診すると1法人1物件がバレるから)」なんて依頼もあるようです。

仲介業者曰く、いまだにこういったオーナーがいるのは、こういう要求を受け付けて対応しているグレー(ほぼブラック)な仲介業者も、まだ、一定数いるから、だとのこと。「動く金額が大きいですから、グレーなことに手を染める業者も残念ながら一定数いますよ。免許番号が1とか2(免許更新を1,2回しかしてない)業者は、特に・・・

私は、信頼できると感じた業者さんとしか付き合わない(可もなく、不可もなくなら付き合わない)ようにしているので、不動産投資を始めた頃に比べれば、ぐっとグレーな人達に合う機会は減っています。ですが、改めて、欲望渦巻く業界において、ちゃんと自分を保っていかなければ、と思う次第。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    不動産投資5年を振り返って

    過去5年間の不動産投資の保有物件を整理してみました。→保有物件一覧 …

  2. 不動産全般

    スルガ銀行から着信が~その2

    数日前、地方出張のフライト中に見覚えのある番号から不在着信がありまし…

  3. 01 練馬区物件

    旗竿地を整形地へ(野望)

    練馬区物件は旗竿地です。旗竿地は土地の評価が高くないので、これを整形…

  4. 不動産全般

    同一スペック物件について

    2棟一括で売り出している物件がよくあります。隣接した土地にほぼ同じ部…

  5. 不動産全般

    急な資金需要への現金調整

    先日記事にしましたが、八王子市物件の次の物件購入を考えています。八王…

  6. 不動産全般

    空室の募集状況の確認

    3月中旬から札幌市物件の1部屋が空室となっています。空室の募集は管理…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産収支の3つの視点
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. スルガ銀行との金利交渉録
  4. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  5. 不動産投資における自身の立ち位置

アーカイブ

  1. 不動産収支管理

    投資家タイプ別の儲け~その2
  2. 不動産全般

    空室の募集状況の確認
  3. 不動産全般

    金消契約時のチェックが強化されてる・・・
  4. ものかき業(ブログ執筆等)

    モチベーションの維持
  5. 不動産全般

    100万分の1の人材目指して
PAGE TOP