不動産全般

スルガ銀行から着信が~その2

数日前、地方出張のフライト中に見覚えのある番号から不在着信がありました。さっと調べたらスルガ銀行からでした。1か月前にも同じ番号から着信がありましたが、それは確定申告資料を出してほしいという依頼でした。はたして、今回は何でしょう。

<関連記事>
 スルガ銀行から着信が・・・

どうせ、カードローンに入らないか、とかの営業系じゃないかと疑いながらも、着陸後にすぐに折り返し電話してみました。不在着信があった旨を伝えると、聞きたいことがあるので折り返し電話するとのこと。

すぐに電話があり、聞かれたことは、
 ・練馬区物件はどこの銀行から借入しているのか?
 ・練馬区物件の残債はいくらか?
 ・練馬区物件は満室か?
 ・練馬区物件の月額返済額はいくらか?
と、練馬区物件のことばかり。スルガ銀行からは札幌市物件購入のための借入をしているので、他物件について何故ここまで聞かれるのか疑問ではありながらも、素直に回答しておきました。銀行担当者は、「以上が聞きたかったことです」とそそくさと電話を切る次第でした。

さて、この質問をどうとらえるべきか。

1か月前に確定申告を銀行に提出したことを受けての質問であることは間違いありませんが、なんのための質問なのか。

2018年度は修繕費用が多くかかって、あまり利益が出ていませんでした。さらに2017年度は大規模修繕をして赤字でした。要注意債権とみなされてしまったのでしょうか。ただ、スルガ銀行の口座明細を担当者がチェックすれば、赤字の原因となった修繕費用は札幌市物件であることはわかると思います。利益が出ていないことを気にしているなら、質問も札幌市物件に関するものに集中するはずです。ってことは、そこは気にしていないのか・・・・

別の予想は、金利引き下げを検討してくれているのでは、ということ。
確定申告提出時のメールで「また、金利の相談をさせてください」といったことを受けての前向きな質問ということも考えられます。

あえて「どういった目的での質問なのですか?」と電話で聞かなかったのですが、よくよく考えていると、質問が悪い意味なのか、良い意味なのかがわからなくなってしまって紋々としています。

果たしてどこかで、この答えが得られる電話が掛かってくるのか。

あと1か月くらい待ってみよう。

<関連記事>
 スルガ銀行から着信が・・・



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    本屋で空き家問題を考える

    本業の移動の合間に東京駅近くの八重洲ブックセンターで時間をつぶしてい…

  2. 不動産全般

    賃貸経営における破産者への対応

    昨日の記事で紹介した「破産者マップ」破産者などから訴訟準備にまで発展…

  3. 不動産全般

    本業が慌ただしく・・・

    本業である2流コンサル業が慌ただしくなってきました。繁閑の差が激しい…

  4. 不動産全般

    スルガ銀行との金利交渉録

    札幌市物件は、スルガ銀行からほぼフルローンで借入をしています。保有期…

  5. 不動産全般

    不動産管理が落ち着いてきたら・・・

    不動産投資というのは、安定稼働してくると日々そんなにやらないといけな…

  6. 01 練馬区物件

    旗竿地を整形地へ(野望)

    練馬区物件は旗竿地です。旗竿地は土地の評価が高くないので、これを整形…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. 不動産収支の3つの視点
  4. スルガ銀行との金利交渉録
  5. 不動産投資における自身の立ち位置

アーカイブ

  1. 不動産全般

    空室の募集状況の確認
  2. 不動産全般

    賃貸経営における破産者への対応
  3. 時事・ニュース

    西武信金不正融資ニュース~その3
  4. 不動産全般

    あと1年でなんとかしないと…
  5. 不動産全般

    子供に何を遺すのか
PAGE TOP