不動産全般

八王子市物件の決済

本日は八王子市物件の決済でした。
多少のトラブルはあったものの無事に決済は完了し、これで晴れて4棟40室の保有となりました。

売買契約もこれで6回目くらいで、慣れたものです。粛々と資料確認&押印を繰り返していきます。最後に送金伝票を書いて終わりです。

少しトラブルがあったのが、売主への建物表題登記費用の支払いです。これは現金で売主に手渡しすることになっているので、出金伝票を書いてもらって、押印するだけです。金額は9万円なのですが、実際に行員の人が手元に持ってこられたのが90万円でした。

すぐさま異常に気付いて事実確認が始まります。
私は売主さんと話しながら、「銀行でもこんなことあるんですね~。一番そういうのって気を付けますよね~」と話してました。結果、わかったのは手巾伝票への金額記載ミスでした。私は最初に金額の説明を受けたあとは、出金伝票の金額までは詳細に確認していなかったのですが、仲介業者が書いた際にミスをしたようです。仲介担当者は平謝りでしたが、まあ、実害はなかったので問題なしです。すぐさま81万円をATMで振込入金して終わりです。

こんなゴタゴタをして時間を経過しているのですが、なかなか売主側の着金確認が終わりません。売主側の銀行口座への送金処理がどこかで遅れているようでした。

年度末最後の平日ということで、慌ただしかったのかもしれません。30分以上待ってようやく着金確認がとれて晴れて解散でした。

帰り際、売買仲介会社に、「そういえば、先日紹介してもらった、もう1棟の物件、銀行打診状況はどうですか」と確認したところ、現在検討いただいている状況で来週あたりに再度確認してくれるとのこと。門前払いでなかったことに安堵はしました。

着金確認を待っている間、仲介担当者と「4月以降の融資姿勢はどうなるんですかね~」なんて雑談をしているなかで「そういえば4月からスルガ銀行の業務停止期間が解除されますよね。また、融資再開するんですかね~」なんて聞いてみました。毎年、この時期になると銀行の挨拶周りがあるらしいのですが、それもあまりなく、噂としても再開すると聞こえてこない、と言ってました。やはり、いきなり再開っていうのは世間の目も厳しいでしょうからなさそうですね。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    子供に何を遺すのか

    今、新築の物件を35年で融資してもらうと、ふと、完済する時期に自分は…

  2. 不動産全般

    本業が慌ただしく・・・

    本業である2流コンサル業が慌ただしくなってきました。繁閑の差が激しい…

  3. 不動産全般

    物件購入のスピードダウン

    八王子市物件の決済が終わったばかりですが、次の物件購入を考えていまし…

  4. 不動産全般

    不動産市況について思うこと

    全体的な不動産市況を語れるほどには物件探し、融資申込を行っているわけ…

  5. 01 練馬区物件

    繰上返済の効果について考察

    少ない資金を活用して融資を受け、物件をどんどん増やしていく戦略をとっ…

  6. 不動産全般

    拡大路線に入るための手取CF

    不動産投資として安定する手取CFとはどれくらいか。人によって、その人…

最近の記事

おすすめ記事

  1. スルガ銀行との金利交渉録
  2. 不動産投資における自身の立ち位置
  3. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  4. 不動産収支の3つの視点
  5. 「不動産投資は儲かるのか」について考察

アーカイブ

  1. 不動産全般

    西武信用金庫の担当者と面談
  2. 不動産収支管理

    投資家タイプ別の儲け~その2
  3. 不動産全般

    不動産投資における自身の立ち位置
  4. 不動産収支管理

    物件別の会計管理
  5. 月間収支

    2019年1月の概算収支
PAGE TOP