ものかき業(ブログ執筆等)

ものかき屋の編集後記(2019年3月)

ブログを始めて3か月。
ほぼ毎日記事を書く習慣もついてきて、安定して投稿することができています。日々の不動産投資ネタからはずれて、今月も、編集後記を書いてみます。

3月もほぼ毎日投稿することができました。
本業で疲れ切っていたり、飲み会がある時は投稿できていないのですが、それ以外の日は、ほぼひねり出してきたかと思います。ブログを始めた頃に考えていたネタは、2月頃にほぼ出し尽くしてしまいました。3月はどうなるだろうと思っていたのですが、意外に絞りだせるものです。

アクセス数も順調に増加しています。
劇的な増加はないのですが、日々、少しずつ上向きになってきています。特に、2つの記事が突出してヒット数が多かったです。

1つ目は「スルガ銀行から着信が・・・」という記事。
単に、スルガ銀行から確定申告の提示を求められたという記事だったのですが、なぜか、Googleの検索でヒットするようになっていました。検索エンジンに反映され、それがアクセス数につながるのは数日かかると思っていたので、投稿したその日から検索エンジン経由でのアクセスがあるのだな、とひとつ勉強になりました。Googleもユーザエクスペリエンス向上のために、こういう即時反映のようなことをやっているんですね。

もうひとつは「破産者マップを賃貸管理に活用する」という記事。
投稿する数日前から小さな見出しでニュースにはなっていたのですが、不動産投資に関係ないな、と記事にする気はありませんでした。ただ、そろそろ書くネタがなくなって「破産者マップ」を記事にしようと思いいたりました。記事を書き始めても、「不動産関係ないしなあ」と考えていたのですが、ふと、「あ、入居者の破産状況チェックできるじゃん」と思い、調べてみたら自分の物件の入居者に破産者いるってことに気づいて、ようやく筆が進みました。

この記事もGoogle検索エンジンからの流入が非常に多くありました。
投稿してすぐに、それなりに社会問題として認識されるようになって、その2日後にサイト閉鎖するまで、検索上位(といっても2,3ページくらいの位置ですが)にいたようです。

時事ネタでも、例えば「レオパレス」とか、そういうのをネタにすれば競合するサイトの中に埋もれてしまいますが、ニュースになりかけ、大きな話になっていないものをネタにすると、面白いんだな、と気づいた次第です。ちなみに、私は「レオパレス」とか「スルガ銀行」の問題を、大きく報道された後にブログネタなどで後出しで袋叩きにする感じが嫌いです。後からなら、誰でもいくらでも批判はできます。今後も、ニッチな時事ネタを探していこうかと思います。

さて、もうすぐ4月です。
来月も最低20記事くらいはアップしたいものです。

<関連記事>
 スルガ銀行から着信が・・・
 破産者マップを賃貸管理に活用する



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. ものかき業(ブログ執筆等)

    ものかき屋の編集後記(2019年2月)

    今月もブログ投稿を通じて感じたこと、愚痴なんかをまとめてみようと思い…

  2. ものかき業(ブログ執筆等)

    いつかは書籍が出版できるように

    ものかき業の端くれとして2か月が経過しました。記事の質はまだまだでは…

  3. ものかき業(ブログ執筆等)

    モチベーションの維持

    八王子市物件の購入が完了してから、不動産投資にかかる手間が一切なくな…

  4. ものかき業(ブログ執筆等)

    ものかき屋の編集後記(2019年1月)~その1

    ブログを始めて早1か月。不動産投資とは直接関係がないながらも、1か月…

  5. ものかき業(ブログ執筆等)

    ものかき屋の編集後記(2019年4月)

    投稿のペースが落ちてきましたが、今月も編集後記を。3月末に八王子…

  6. ものかき業(ブログ執筆等)

    ものかき屋の編集後記(2019年1月)~その2

    ブログを始めて1か月。不動産投資には関係ない話ではありますが、愚痴…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産収支の3つの視点
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. スルガ銀行との金利交渉録
  4. 不動産投資における自身の立ち位置
  5. 「不動産投資は儲かるのか」について考察

アーカイブ

  1. 不動産全般

    不動産市況について思うこと
  2. 02 札幌市物件

    自販機収益ゼロ円?~その2
  3. 02 札幌市物件

    破産者マップを賃貸管理に活用する
  4. 不動産全般

    100万分の1の人材目指して
  5. 不動産全般

    賃貸経営者としての心構えの参考書
PAGE TOP