不動産全般

物件購入のスピードダウン

八王子市物件の決済が終わったばかりですが、次の物件購入を考えていました。八王子市物件を仲介してくれた会社から、「チャレンジですが・・・」と前置きのあった物件です。先週から融資打診をしていたのですが、本日、銀行から「やはり八王子市物件購入後すぐは・・・」というNG回答でした。

もともとチャレンジ案件であったので、NGは当然の結果です。
銀行側の回答は、「購入からもう少し間をあけてほしい」「頭金をもう少し入れてほしい」(八王子市物件購入したばかりで資金余力がなかったため)という、至極当然のものです。ただ、少しショックでもあります。

というのも、「もしかしたら、リタイアを早められるのでは」、と期待してたためです。実は、ここ数か月、本業のモチベーションが低下気味でした。
仕事は嫌いではありませんし、特段ブラックな企業というわけでもありません。ただ、中間管理職的な位置づけでいろんな人の板挟みにあって、常に落としどころとなる回答を準備・調整する仕事に少し疲れていました。

この時期の寒暖差は自律神経を狂わせる、といきつけの整体師が言っていたので、一時的なモチベーションダウンだとは思います。ですが、この弱り目のタイミングで、わずかな希望(早期リタイア)が見えてしまうと、それにすがりたくなるもの。それが脆くも崩れ去ってしまったところが、ちょっとショックでした。

と、まあ、マイナスなことを考えてばかりでも仕方ありません。
前向きに切り替えなければいけません。

で、ふと思い出しました。今年厄年(本厄)だった、と。

本業のモチベーションダウンも、本厄のせいかもしれません。
これを耐えしのぐこと、乗り越えることが試練なのかもしれません。
「早くリタイアしたい」、「物件を買い進めたい」と思う心を、どれだけ抑えられるかの試練なのかもしれません。

本厄の時は、今を耐え忍び、新しいことには手を出さない方がいいのかもしれません。そう考えると、昨今の融資状況の締め付けによる物件購入スピードの低下もちょうどいいのかもしれません。

と、今年はブレーキの年、耐え忍ぶ年である、と前向きに考えてみることにしました。(かなり後付け・・・)

とはいえ、今年中にあと1棟は買うつもり。
それが今年後半になりそうってだけです。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    次の物件取得に向けて

    今月に八王子市物件決済があります。詳細な必要資金の明細も見えてきて、…

  2. 不動産全般

    徒歩1分の違い

    八王子市物件は、売主が作成した物件概要書上は所在地が最寄り駅から徒歩…

  3. 不動産全般

    ロジカルの先にあるもの

    私の本業は2流とはいえ、コンサルです。ロジカルシンキングは常に求めら…

  4. 不動産全般

    スルガ銀行の元本一部カットの連絡

    スルガ銀行から郵送物が届き、元本一部カットの相談を受ける体制が整った…

  5. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました

    本日は回答待ちだった2件についてメールで返信ありました。1つは、「決…

  6. 不動産全般

    不動産管理会社とのつきあいの心構え

     本業(2流コンサル)のなかで、不動産管理にも適用できる気づきを得る…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産収支の3つの視点
  2. 不動産投資における自身の立ち位置
  3. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  4. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  5. スルガ銀行との金利交渉録

アーカイブ

  1. 月間収支

    2019年5月の概算収支
  2. 02 札幌市物件

    破産者マップを賃貸管理に活用する
  3. 時事・ニュース

    西武信金不正融資ニュース~その4
  4. 不動産全般

    拡大路線に入るための手取CF
  5. 不動産収支管理

    2019年3月の概算収支
PAGE TOP