不動産全般

新規物件開拓復活

長かったGWも最終日です。
前半はゆっくりと過ごし、後半は帰省などでバタバタでしたが、ゆっくりと休息はとれました。さて、そんななか新規物件の紹介があり、本日は物件見学に行っていました。

帰省中に不動産会社から電話があり、紹介を受けた物件です。
個人保有の物件とサラリーマンの年収を考えると、減価償却が多く取れる物件も提案したい、というものでした。この不動産会社とは長い付き合いですので、私の資産背景をしっかりと理解したうえでの提案なので、ひとまず話を聞いてみようと思いました。木造築25年だけれども、土地値物件で、利回りはそこそこ、とのこと。

GW最終日の本日だけ予定が空いていたので、見にいってきました。

まず、不動産会社を訪問して、物件概要の詳細な説明を受けました。
売却条件はまだまだ調整中のかなり緩い状態の物件でした。特に、登記上の土地の広さと実測にかなりの乖離があるようで、測量からやり直す必要があり、売買するのは夏ごろになりそうとのこと。3棟売りに出ているのですが1棟と2棟セットの2つにわけて売り出す方向で、私には1棟モノを提案されました。

実際に物件を見てきましたが、築年数ほどには建物は劣化しておらず、状態も良かったです。駐車場もあるのもよい点です。厄介なのは、うまく土地を分割してもらわないと、十分な接道ができない恐れがあること。私道があるので、これを位置指定道路にして接道条件を満たす必要があるが、他の所有者との共有となりそう、ということ。うまく土地分割ができないと話が進まない感じです。

しばらく投資再開には時間がかかると思っていたのですが、意外に早く提案があり、面白そうなので、少しやる気がでてきました。まだ少し時間はかかりそうですが。

 



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    賃貸経営者としての心構えの参考書

    不動産投資を始める前に読んだ本で、今でも定期的に読み返している本があ…

  2. 01 練馬区物件

    旗竿地を整形地へ(野望)

    練馬区物件は旗竿地です。旗竿地は土地の評価が高くないので、これを整形…

  3. はじめまして

    不動産全般

    ブログはじめました

    はじめまして、へやかし屋です。サラリーマン(2流コンサル)の…

  4. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました

    本日は回答待ちだった2件についてメールで返信ありました。1つは、「決…

  5. 不動産全般

    借金は悪という呪縛

     私が最初の物件を購入したのは2013年ですが、その5年以上前から不…

  6. 不動産全般

    賃貸経営における破産者への対応

    昨日の記事で紹介した「破産者マップ」破産者などから訴訟準備にまで発展…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産収支の3つの視点
  2. 不動産投資における自身の立ち位置
  3. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  4. スルガ銀行との金利交渉録
  5. 「不動産投資は儲かるのか」について考察

アーカイブ

  1. ものかき業(ブログ執筆等)

    ものかき屋の編集後記(2019年3月)
  2. 不動産全般

    万が一の時の資産・負債の相続
  3. 不動産全般

    本業が慌ただしく・・・
  4. 不動産収支管理

    2019年6月の概算収支
  5. 不動産全般

    あと1年でなんとかしないと…
PAGE TOP