不動産全般

5年前の顧客リスト

ここ数日、不動産会社から何件か営業電話がかかってきました。
まあ、営業電話自体は毎度のことなので特に気にならないのですが、電話してきた不動産会社に、ある傾向があったので記事にしてみようかと思います。

よくある営業電話を受けながら思うのは、
 「確か、そんな会社名のところに、以前会員登録したような・・・」
とか、
 「絶対こんな会社名のところに会員登録してないよ。
  顧客リストがどこかで流出したんだろうな・・・」
と、かけてきた不動産会社や、個人情報の流出経路についてです。

ただ、ここ数日に電話をかけてきた数社には共通の特徴がありました。
それは、

 ・私が5,6年前に不動産投資を開始した時に会員登録した会社で、
 ・その当時少し深く関わっていて、
   ※物件紹介受けて、かなり本気で検討したので何度かやりとりした
 ・それ以降特段連絡していない/もらっていない

というものです。
不動産会社からすれば、私は5年以上の休眠顧客という位置づけになると思うのですが、今、彼らはこういう顧客属性にも営業電話をかけているようです。

5年も連絡していなければ、状況やスタンスも変わっているであろうから、営業効率は悪いと思うのですが、そういった顧客リストにまで手をだしているのが、不動産会社の窮状を表しているような気がします。

今回私に電話してきた会社。あと、1年後に生存確認してみようと思います。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    その日のうちに返信する心がけ

    日々、不動産関連の会社から連絡があります。物件の紹介から、管理報告ま…

  2. 不動産全般

    不動産管理が落ち着いてきたら・・・

    不動産投資というのは、安定稼働してくると日々そんなにやらないといけな…

  3. 01 練馬区物件

    繰上返済の効果について考察

    少ない資金を活用して融資を受け、物件をどんどん増やしていく戦略をとっ…

  4. 不動産全般

    物件探索・管理にかける時間

    本業である2流コンサルの傍ら、5年ほど不動産投資を行っています。所謂…

  5. 不動産全般

    不動産市況について思うこと

    全体的な不動産市況を語れるほどには物件探し、融資申込を行っているわけ…

  6. 不動産全般

    本業が慌ただしく・・・

    本業である2流コンサル業が慌ただしくなってきました。繁閑の差が激しい…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産収支の3つの視点
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. 不動産投資における自身の立ち位置
  4. スルガ銀行との金利交渉録
  5. 「不動産投資は儲かるのか」について考察

アーカイブ

  1. ものかき業(ブログ執筆等)

    モチベーションの維持
  2. 月間収支

    2019年2月の概算収支
  3. 不動産全般

    不動産市況について思うこと
  4. 05 相模原市物件

    相模原市物件の購入体験記
  5. 不動産全般

    本屋で空き家問題を考える
PAGE TOP