不動産全般

不動産投資における自身の立ち位置

不動産投資のゴールを「一定量の手取現金」と設定しているので、他の投資家の実績・結果を比較する必要はないのですが、どうしても気になってしまいます。本日は、現在の私の立ち位置・ポジションを客観的に見て、もっと上を目指すべき、という再認識するための整理をしてみようと思います。

いくつかの会社、サイトにおいて不動産投資家の属性調査が実施されています。その中で、私が一番参考にしているのが、野村不動産アーバンネット株式会社が毎年実施している「不動産投資に関する意識調査」です。

https://www.nomura-re-hd.co.jp/cfiles/news/n2018061801441.pdf

この調査の主目的である「投資家の意識」というのもとても大切なのですが、私が重視しいるのは「投資用不動産の保有者プロフィール」という、アンケート対象である投資家の属性を表現したものです。これを見ることで、自身が今投資家全体の中でどのくらいの位置にいるのか、というのがなんとなくわかります。

このアンケートは、野村不動産が運営している「ノムコム・プロ」の会員を対象にしています。「ノムコム・プロ」サイトでは、比較的売買金額高めであったり、都内好立地の利回低めの物件など資産性を重視した物件が多い傾向があり、自己資金を多めに投資できる富裕層の方が会員に多い印象があります。ですので、ノムコム・プロの会員属性は、実態よりも少し多くの資産・現金を持っているように見えるのではと考えています。

この前提の上で、いろんな視点で自らを見ていきます。

保有している投資用不動産の総投資額

私の投資総額は、2億円~3億円の範囲に入りますので、下位からの累計で46.6%~68.0%の範囲になります。つまり100人いたら32位~54位くらいです。
平均より少し良いくらい、という感じでしょうか。

不動産収入(年間)

年間不動産収入は、2,000万円~3,000万円の範囲に入ります。100人いたとすると13位~23位くらいです。投資額の順位と比べて、収入の順位がよいのは、比較的利回りがよい物件を保有している、ということになると思います。ただ、私はそれほど利回り高めを狙っていませんので、おそらく会員属性として資産性を重視している方が多いからなのでは、と推測します。

保有している投資用不動産数

現在4棟保有なので、上位31位~39位あたりです。投資額と同じくらいの順位なので、投資総額と保有数のバランスは平均的である、ということがわかります。私の保有物件は、6,000万円~7,000万円台の物件が多いので、他の投資家の方もこのくらいの金額感の物件を持っているのだな、と推測できます。

年齢

現在40歳なので、上位(年齢が上)層からみると78位~91位くらいです。かなり若造とうことですね。やはりノムコムは年齢層が高い、比較的裕福な層の方が多いことを示していると思います。


総論として、私の立ち位置は平均より少し上、というものですが、自分はまだまだと痛感します。目指すべきは上位10%です。そのクラスになると、投資額5億円以上、賃料収入3,000万円以上、保有物件数8棟以上です(これ以上の区切りがないので、単純にここを目指すわけではないですが)。年齢だけは上位目指してないですが・・・



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    不動産管理会社とのつきあいの心構え

     本業(2流コンサル)のなかで、不動産管理にも適用できる気づきを得る…

  2. 01 練馬区物件

    旗竿地を整形地へ(野望)

    練馬区物件は旗竿地です。旗竿地は土地の評価が高くないので、これを整形…

  3. 不動産全般

    借金は悪という呪縛

     私が最初の物件を購入したのは2013年ですが、その5年以上前から不…

  4. 不動産全般

    賃貸経営における破産者への対応

    昨日の記事で紹介した「破産者マップ」破産者などから訴訟準備にまで発展…

  5. 不動産全般

    確定申告してきました

    本日は確定申告の初日です。別件ついでに朝イチで確定申告をしてきました…

  6. 不動産全般

    西武信用金庫の担当者と面談

    本日、西武信用金庫の担当者とお会いしました。先週、担当の方からお電話…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  2. 不動産投資における自身の立ち位置
  3. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  4. スルガ銀行との金利交渉録
  5. 不動産収支の3つの視点

アーカイブ

  1. 不動産全般

    賃貸経営における破産者への対応
  2. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました
  3. 不動産全般

    物件購入のスピードダウン
  4. 不動産全般

    リタイア前にやっておきたいこと
  5. 不動産全般

    同一スペック物件について
PAGE TOP