不動産全般

確定申告してきました

本日は確定申告の初日です。
別件ついでに朝イチで確定申告をしてきました。

八王子物件の決済に向けて、登記簿謄本と印鑑証明書を取得する用事があり役所にいく予定でしたので、ついでに確定申告も行いました。お昼に本業の会議があるので、8時20分くらいには役所に行きました。開始10分前というのうに、すでに15人くらいの行列でした。いやはや、納税意識の高さに関心しました。

ちなみに私は納税意識の高さ、というよりは早く還付を受けたい、という邪な思いで初日に確定申告をしました。2018年度は修繕が多かったことと、医療費が多額であったことから、サラリーマンとして納めた税金のうち40万円くらい還付が得られる予定です。還付がある場合、役所仕事としてはめずらしく意外に早く現金が振り込まれるので、確定申告を早くした次第です。

今年からスマホでも確定申告ができる、なんて謡っていましたね。サラリーマンの人でふるさと納税とか医療費控除程度の申告の人、という限定ではありますが、このように簡易的に納税できることには賛成です。

私のように不動産収益の確定申告するのも早く簡潔な申告にしてほしいものです。e-Taxによる電子申告ができますが、まだまだ使い勝手が悪そうなので、まだ手を出していません。さっと調べたら今年から少し簡易化されたようですね。悪名高いICカードリーダーが不要にできるパターンも用意したとか。

確定申告待ちしているときにふと思ったのですが、弥生会計とかMoneyForwardなどの会計アプリ・サービスを利用している人をターゲットに、各システムに入力すればそのまま確定申告が完了するようにできないのかなあ、と。役所と提供会社がうまく提携してくれればいいのにって素人考えで思いました。仕訳の登録のしやすさ、確定申告資料の作成は、圧倒的に民間会社の方が使い勝手がいいわけで、無理に国税庁が自前で入力部分を作らなくていいんじゃないかなと。なんで、そうならないんでしょうかね、国のプライドでしょうか。

待っている間に、何の気なしに他の方の確定申告資料なんかをチラ見したのですが、手書きの人も多いですね。どれだけ文明が進化してもこのような人たちは一定数残ると思いますし、効率性だけを求めてこういった人達を排除すべきとは思いませんが、役所の人は本当に対応が大変ですね。技術進化によってあらやる取引を役所が把握できるようになれば、そもそも申告納税制度すら廃止できるのになあ。

 



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    不動産管理会社とのつきあいの心構え

     本業(2流コンサル)のなかで、不動産管理にも適用できる気づきを得る…

  2. 不動産全般

    金消契約時のチェックが強化されてる・・・

    先日の八王子市物件の金消契約の際、銀行から売買契約書と重要事項説明書…

  3. 不動産全般

    即断即決の心構え

    本業でも不動産業でも、普段から即断即決するよう心掛けています。スピー…

  4. 不動産全般

    賃貸経営における破産者への対応

    昨日の記事で紹介した「破産者マップ」破産者などから訴訟準備にまで発展…

  5. 不動産全般

    スルガ銀行から着信が~その2

    数日前、地方出張のフライト中に見覚えのある番号から不在着信がありまし…

  6. 不動産全般

    5年前の顧客リスト

    ここ数日、不動産会社から何件か営業電話がかかってきました。まあ、営業…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 不動産投資における自身の立ち位置
  2. スルガ銀行との金利交渉録
  3. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  4. 不動産収支の3つの視点
  5. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)

アーカイブ

  1. 不動産全般

    不動産投資における自身の立ち位置
  2. 04 名古屋市物件

    名古屋市物件の購入体験記
  3. ちえかし業(2流コンサル)

    サラリーマンで学べること
  4. 06 八王子市物件

    決済直前に入居キャンセルが…
  5. 不動産収支管理

    投資期間中の不動産投資の儲け
PAGE TOP