不動産全般

万が一の時の資産・負債の相続

私に万が一のことがあったときの相続が気になっています。大した現物資産はもっていませんが、不動産と負債、不動産保有法人の株式が残ります。今のうちから整理をしておかないと。

個人所有の物件と法人所有の物件、それぞれ考えないといけません。私の家族は不動産業運営には全くの無関心で、経営管理していく力もありませんので、簡単に現金化できる状況にしておかなければなりません。まだ私アラフォーなんですが、そういうの気になってしまいます。

個人所有の物件にはすべて団体信用生命保険に加入しています。
私が死亡した際には、金融機関に保険会社からローン残債分が支払われるので、借金が家族に相続されることはありません。物件だけが遺りますので、その資産価値分の相続税がかかります。このあとは、物件を売却するか、無借金の状態で賃料収入だけを得るか、のどちらかになります。家族には、その際には売却するように伝えています。管理会社をかなり教育しているので、オーナーの利益を無視した、管理会社が儲かる管理提案をすぐにはしてこないと思いますが、おそらく1年くらいすればダレそうな気がします。そうなったときに牽制を利かせられないのであれば、保有しておくメリットはありません(管理会社に搾取されるだけ)。

法人の場合は相続対象が株式になります。
私が100%株を保有しているので、会社の資産価値がそのまま相続課税の対象となると思います。ポイントなのは、利益剰余金と長期借入金(役員貸付)でしょうか。

土地・建物を簿価だけで評価するならば、会社の資産価値は資本金+利益剰余金です。ただ、私の法人は現在2期目で大した利益剰余金を持っていないので、相続対策は不要でしょう。長期借入金(役員貸付)は物件を購入するために個人口座から法人に対してお金を貸しているものになるので、これは、ぱっと見長期借入金なのですが、相続対象資産となってしまいます。物件購入のために結構頭金を入れていて、そのために個人口座から資金移動しているのでこの金額が非常に大きいです。

さて、この法人は家族に相続したあとに、どうしてもらおうか。
全物件売却→法人解散が無難な流れでしょうかね。ただ、家族にそれを任せるのが不安です。たとえ税理士などサポートを入れたとしても、真っ当に判断できずに、面倒になってしまっていろいろ放置されそうです。

不動産規模を拡大していきたい、と思う一方で、現金資産などを多めに残してそれをそのまま相続させていくほうが家族のためでもあると思ったり。とはいえ、せめてあと10年は資産拡大させてほしいし、そこまでは私自身も健康でありたいな、と。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    5年前の顧客リスト

    ここ数日、不動産会社から何件か営業電話がかかってきました。まあ、営業…

  2. 不動産全般

    借金は悪という呪縛

     私が最初の物件を購入したのは2013年ですが、その5年以上前から不…

  3. 不動産全般

    拡大路線に入るための手取CF

    不動産投資として安定する手取CFとはどれくらいか。人によって、その人…

  4. 不動産全般

    賃貸経営者として社会貢献を考える

    ここ2日ほど連続で記事にしていた「破産者マップ」は閉鎖になりました。…

  5. 不動産全般

    空室の募集状況の確認

    3月中旬から札幌市物件の1部屋が空室となっています。空室の募集は管理…

  6. 不動産全般

    リタイア前にやっておきたいこと

    本業を一刻も早く辞めて、リタイア生活を送りたいと考えていますが、リタ…

最近の記事

おすすめ記事

  1. スルガ銀行との金利交渉録
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. 不動産投資における自身の立ち位置
  4. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  5. 不動産収支の3つの視点

アーカイブ

  1. ちえかし業(2流コンサル)

    サラリーマンで学べること
  2. 不動産収支管理

    投資家タイプ別の儲け~その2
  3. 不動産収支管理

    2019年6月の概算収支
  4. 不動産全般

    100万分の1の人材目指して
  5. 05 相模原市物件

    相模原市物件の購入体験記
PAGE TOP