とうし業(その他投資)

余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)

八王子市物件の決済が近づいてきて、仲介会社より必要資金の詳細な明細が送られてきました。万が一、決済にむけて資金が足りなくなるといけないので、昨年末から、必要資金より多めに現金化をしていたのですが、これで余剰資金の拘束を解除できます。この余剰資金を以前の記事でも紹介したFXスワップ(ユーロ・ズロチ)の裁定取引に利用しようと思います。(以前の記事はこちら

以前の記事にも書きましたが、FXスワップの裁定取引は、不動産投資と相性が良いと思います。

 ・どんどん貯まっていく賃料収入を有効活用することができる
 ・いざ、物件の購入資金に利用したいときには、即現金化できる
 ・元本毀損リスクが極めて低い

ちなみに、裁定取引なんて大それたことを言っていますが、実際は多少リスクはあります。コンセプトは裁定取引ですが、放置していると損失を被るリスクがあります。逆に言えば、日々チェックしていればリスクをかなり低減できます。

さて、肝心のスワップ裁定取引の考え方ですが、

 ・ある外貨(例えばドル/円)の売り」「買い」同数取引する方法
   →これにより、対象通貨の変動により利益も損失も出ません
 ・通常、外貨の「買い」は、金利差によるスワップポイントがもらえる
   →外貨を保有することにより毎日利息の支払いがあるようなイメージ
 ・逆に外貨の「売り」はスワップポイントを支払わないといけない
   →毎日金利支払いをしているイメージ
 ・証券会社が異なるとスワップポイントが「売り」「買い」でプラスになることがある
   →例えば、「売り」:-30、「買い」:+50のような場合
 ・「売り」「買い」一方の証券会社の口座がロスカットにならない限り安定

というものです。この仕組みにより、通貨変動の影響を受けずスワップポイントだけを受け取り続けることができます。

さて、この考え方の応用でユーロ・ズロチをやってます。
ズロチっていうのは聞きなれないかと思いますが、ポーランドの通貨単位です。これまでは単一通貨で「売り」と「買い」を行っていたのですが、この手法は、ズロチを「買い」、ユーロを「売り」とします。

ユーロとズロチは非常に連動性があります。
ここ半年以上、ユーロ/ズロチは4.3という割合です。ズロチが1円上がれば、ユーロが4.3円上がる、という関連性を維持しているという意味合いです。

ここまでが前段なのですが、この考え方踏まえて、本日以下のような取引を行いました。

 ・ユーロを10万通貨「売り」 
 ・ズロチを43万通貨「買い」

ユーロはマイナス金利の影響で「売り」でも1日当たり3円/1万通貨のスワップポイントが、ズロチは「買い」で1日あたり15円/1万通貨のスワップポイントがもらえます(スワップポイントは日々変動します)。つまり上記取引だと、
 10(万通貨) x  3円 + 43(万通貨) x 15 = 675円
が1日あたりもらえます。

これ、1年だと約24万円です。投資した資金(ユーロ売り、ズロチ買い)は200万円です。これで年率12%になります。

スワップポイントは毎日変わる可能性があるので、安定してこの金額もらえるかはチェックが必要ですが、リスクも極めて低く、いつでも決済して現金化することができるので、次の物件を購入するまではこれで小銭稼ぎです。

ちなみに、ズロチはスプレッドが広い(売りと買いの値幅が広い)ので、短期的に売買すると、このスプレッド分だけ損するので、例えば半年以上投資するようなつもりでやらないと儲かりません(感覚的にはこのスプレッド差分をスワップポイントで賄えるのに1か月かかります)

ざっくり書きましたが、もっと知りたいと思いましたら、webで「ユーロ ズロチ」で検索してください。もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. とうし業(その他投資)

    不動産投資における現金有効活用

    不動産投資がある程度軌道に乗ってくると、現金の有効活用を考えたくなり…

  2. とうし業(その他投資)

    余力資金の有効活用(復活)

    先日の記事(物件購入のスピードダウン)にも書きましたが、次の融資を受…

  3. 時事・ニュース

    副業の平均月収調査結果について

    副業に関する面白い調査結果が報告されましたね。本日、パーソル総合研究…

  4. とうし業(その他投資)

    資金有効活用法~その1

    先日の記事で、銀行口座に貯まった現金の有効活用の必要性や、具体的な投…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  2. スルガ銀行との金利交渉録
  3. 不動産投資における自身の立ち位置
  4. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  5. 不動産収支の3つの視点

アーカイブ

  1. 04 名古屋市物件

    名古屋市物件の売却体験記
  2. 不動産全般

    徒歩1分の違い
  3. 06 八王子市物件

    キャンセル部屋が即入居決定
  4. はじめまして

    不動産全般

    ブログはじめました
  5. 不動産全般

    本屋で空き家問題を考える
PAGE TOP