不動産全般

即断即決の心構え

本業でも不動産業でも、普段から即断即決するよう心掛けています。スピードだけを優先して重要な判断を誤ってはいけませんし、逆に無駄に時間だけをかけて判断するのでもいけません。大切なのはその準備だと考えてます。

本業の仕事柄、スピード重視で判断する必要性があります。
1時間の会議において、誰かが考えた方針案の説明を受けることが多くあります。その説明を受けたあと、少しの議論を行い、問題なければその案を採用する、という意思決定が行われることになります。

私はコンサルタントとしてその会議に参加しているので、その方針案の良し悪しについて、その場で助言をする責任があります。思い付きで良い悪いという判断ではなく、どういった観点でその案を評価するべきで、その観点で見たときには、この案は良い、などと参加者に説明する必要があります。私の意見を聞いたのち、最終的にクライアントが意思決定を行います。

もし、私がその場で良い・悪いの判断ができずに、特段の意見を述べなかった場合、私は責任を取らさせれる可能性があります。それを「善管注意義務」と我々は略して言いますが、正しくは「善良な管理者の注意義務」です。要は、ちゃんと言うべきこと、チェックすべきことをやるべきで、それは義務であり、その義務を果たさなかった場合は訴訟になりえる、ということです。

と、まあ、1時間程度の会議とはいえ、「善管注意義務」を果たすために、方針説明資料の事前提示がなく、その会議の場で初見であったとしても、即座に「この案は良い案なのか、悪い案なのか。それはどういう視点で見たときに、どういう評価ができるのか」ということを判断しなければなりません。

そのためには、常に準備が大事です。
即断即決するためには、常に、自身はどういう価値基準であるのか、その価値基準において、どのような視点で評価するのか、をブレずに持ち続け、適宜その基準を見直していかないといけません。

また、「どういう情報が与えられれば自分は判断できるのか」ということを考えることも必要です。仕事をしていると、よく、「〇月〇日に、こういう情報が提示されるので、その後判断する」ということがよくあります。この提示される情報というのを都合よく解釈している人も多く、結局情報が提示されたものの、それだけでは判断できず、というケースも散見されます。大切なのは、事前に自らが必要な情報とは何なのかをきっちりと考え、それを相手に要求することだと思います。

不動産投資における意思決定も同じことが多いと思います。
普段から、起こりえる事態に対するシミュレーションを行っておくことが、即断即決、迷わないコツだと思っています。



よろしければ↓をクリックで応援下さい。


関連記事

  1. 不動産全般

    拡大路線に入るための手取CF

    不動産投資として安定する手取CFとはどれくらいか。人によって、その人…

  2. 不動産全般

    あと1年でなんとかしないと…

    本業の2流コンサル業では、毎週、地方に出張しています。月曜に地方に移…

  3. 不動産全般

    賃貸経営者としての心構えの参考書

    不動産投資を始める前に読んだ本で、今でも定期的に読み返している本があ…

  4. 不動産全般

    スルガ銀行との金利交渉録

    札幌市物件は、スルガ銀行からほぼフルローンで借入をしています。保有期…

  5. 不動産全般

    不動産投資における自身の立ち位置

    不動産投資のゴールを「一定量の手取現金」と設定しているので、他の投資…

  6. 不動産全般

    確定申告してきました

    本日は確定申告の初日です。別件ついでに朝イチで確定申告をしてきました…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 「不動産投資は儲かるのか」について考察
  2. 余剰資金の投資再開(FXスワップ裁定取引)
  3. 不動産投資における自身の立ち位置
  4. スルガ銀行との金利交渉録
  5. 不動産収支の3つの視点

アーカイブ

  1. 不動産全般

    次の物件取得に向けて
  2. 不動産全般

    100万分の1の人材目指して
  3. 02 札幌市物件

    スルガ銀行から着信が・・・
  4. 不動産全般

    拡大路線に入るための手取CF
  5. 不動産全般

    「違約金取扱」と「借換打診」の回答がありました
PAGE TOP